3日坊主、その先へ

この記事は「3日坊主の原因」の続きになります。もしよろしければ先にそちらの記事をお読み下さい。

では3日坊主の原因がわかった所で対処法ですが、せっかく糖尿病のブログなので糖尿病にからめていきたいと思います。

 

さあ、目標を立ててみましょう。

まず、大きな目標はあってOKだと思います。最終到達点があるとやる気にもなりますからね。

だからといって「糖尿病を良くしたい」とか「HbA1cを下げたい」だけでは目標としては曖昧です。目標はできれば数値で判断できるものが良いと思います。

「今年中にHbA1cを2%下げる」「今年中に〇%台にする」という感じの方が良いです。こうすると実際の結果が評価しやすいですよね。

他に「血糖値を250超えないようにする」「毎食後の薬を必ず飲む」こんなのも良いかもしれません。これだと血糖値を250超えなかった日、薬をちゃんと飲んだ日を数える事もできますし。

 

 

そして内容は願望ではなく「アナタが本当にそうなりたいもの」にして下さい。

目標達成したゴールの自分だけではなく、その途中の取り組む自分もイメージできるものです。途中を飛ばしてゴールしか浮かばないのはただの願望になってしまいます。

 

さて目標ができました。

今度はその目標を分割していきます。

 

先ほどの「1年で-2%」なら「6月までに-1%」とか、もっと細かくして「3月までに-0.5%」というようにです。そうすると評価もしやすく、途中で修正もできるし行動も具体的にしやすくなります。

 

具体的に目標が決まったら行動も具体的にしていきます。

 

ここで大切なのは「ひとつずつ習慣化する」です。

 

血糖値を下げるには色々方法があります。食事・運動・生活などたくさん変えられる部分はあるはずです。

しかし、それを一気にやるのはオススメしません。行動するのが嫌になって挫折する可能性が高くなります。

だから一つずつ。

そして習慣化。

 

まず目標を達成するために何が必要か、思いつく行動をいくつか考えてみてください。

 

 

その中からあなたが毎日続けられそうな事を、「ひとつだけ」始めていきます。

毎日血糖値を測る、毎朝体重計に乗る、毎食後の薬は食事の時にお茶碗の隣に出しておく。食後におやつが食べたくなっても1時間は我慢する。ポテチが食べたくなったらクラッカーを食べる。朝起きたらラジオ体操する。

 

何でもいいです。どんな小さな事でも大丈夫です。むしろ少しハードルは低めにした方が良いくらいです。

だけど毎日続けられそうなことを選びます。そしてそれを毎日続けるための工夫をします。

血糖測定器や体重計を目につく場所に置くとか、測定器とノートを一緒にしておくとかもいいですね。

 

例外ですが運動などに関しては目標設定が難しい場合もあると思います。その場合は「週に3日運動する」だと先延ばしになりがちなので、「月水金の朝は20分ランニングする」などより具体的にしていく事が必要です。

ただ、習慣化ということで考えるとやはり毎日が効果的なので「毎日10分ウォーキングする」とか、ハードルを下げて継続できる方が良いとは思います。

  

 

そして決めたら「それだけは必ずやる」を続けます。

  

  

最初は少し気合がいるかもしれません。「やらなきゃ」という気持ちがあるかもしれません。ですが、人間は慣れる生き物なので、徐々にそれが当たり前になってそれを習慣化していく事ができます。

 

内容にもよりますが人間は早ければ数週間~3か月で習慣化すると言われています。習慣になるとやる気とかエネルギーを使わずにその行動が取れるようになります。無意識で体が動くようになってきます。

そうやってひとつ習慣化したら、今度は次の習慣化したい事に取り組みます。

   

 

このように一つずつ行動を習慣化していくのですが、スピードが遅いと思いますか?

 

でも考えてみてください。食事に運動に生活リズムなど全部に手を出して嫌になって投げ出して振り出しに戻る事を考えたら、数十日で確実にひとつずつ一生の習慣を積み上げていく事の方がはるかに良いと思いませんか?

 

特に糖尿病は一生の病気です。だからこそ無理はいけないと思うのです。

  

 

「そんなスピードじゃ1年で目標達成できないよ」そう思うかもしれません。

その場合は、もしかしたら目標が高すぎるのかもしれません。

 

アナタができる行動内容で達成できそうな目標に変えるか、目標に合わせて習慣化する行動を変えるかのどちらかです。

 

でも、何度も言いますが無理はいけません。

 

以前流行したライザップ(トレーニングジム)のCMでは、有名人のビフォーアフターの映像が話題を呼びました。あれは2ヵ月で結果を出すという短期集中型の取り組みです。

余談ですが私もライザップすごいなと感心し、娘と一緒にお腹を出したりへこませたりCMを真似するライザップごっこをしました(笑)

 

確かにあれは2ヵ月で劇的な結果が出ています。

だけど、その2ヵ月がとても大変だそうです。それこそ生活の全てをダイエットにつぎ込むのです。糖質制限して野菜とたんぱく質中心の食事、定期的な筋トレや有酸素運動などサポートしてくれるトレーナーがいてやっと乗り越えられるハードルです。

  

・・・できますか?私はできません。CMに出てお金がもらえるなら考えますが(笑)

 

さらに聞く所によるとライザップ後のリバウンドもやはりあるそうです。そりゃそうですよね、それだけ大きく生活を変えているのですから。それを緩めると戻ってしまうのは当たり前です。

ですが、そうなってはせっかく払った高いお金もつぎ込んだ期間も無駄になってしまいます。

 

糖尿病は2ヵ月の病気ではありません。だからこそ、ゆっくりでもひとつずつでも進んでほしいし、自分もそう進みたいと思うのです。

 

アナタが習慣化した事は無駄にはなりません。どんなにゆっくりでも一つずつでも一生の財産になります。

時々立ち止まったとしても、ちょっと後ずさりしても、一歩ずつ始めましょう。もちろん私も一緒ですよ。

 

大丈夫です!

ちょっと大変かもしれないけど絶対できます!

  

だから

  

今年は何かひとつ目標を立ててみませんか?

 

 

ちなみに私は最近「起きたら白湯を飲む」これを習慣化しました。今取り組んでいるのは「毎日トイレ掃除をする」です。

 

糖尿病、関係ないやん!(笑)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です