糖尿病治療に長所・短所を活かす

糖尿病に良い事はたくさんあります。

食事・運動・生活習慣を変える事によって改善する事が多いです。

でも、毎日きっちり血糖値を測って、食事をバランス良く腹八分目、運動も毎日・・考えただけで息が詰まります。

わかっちゃいても全部実践なんてできないですよね。

だからこそ血糖値もHbA1cも上下したりします。

 

今回はそんなアナタのために長所を糖尿病に活かしてみたらどうか、というお話しです。

 

 

まず、あなたの特徴を考えて下さい。

メガネをかけているとか、髪が茶色いとか、そういう身体的な事じゃないですよ(笑)

 

どういう性格なのか、どういう事が好きなのか、長所・短所は何かという事です。

ちなみに私は楽しい事が好きなお調子者です(笑)

長所は好奇心旺盛なこと、短所は飽きっぽいことです。

 

ここで短所しか見つからないという方も安心して下さい。

ピンときた方もいらっしゃるかもしれませんが、実は長所も短所も同じだったりします。

これはどの方の場合も同じで、見る視点を変えるとどんな性格もどっちにもなります。

 

 

例えば、何事もきっちりするAさんがいたとします。部屋はいつもキレイでリモコンはいつもまっすぐに置かれていて、毎日同じ時間に寝起きするとか。

これも長所・短所どちらにもなり得ます。

ある人が見れば「Aさんは真面目で信頼できる」「仕事が正確で素晴らしい」と捉えるでしょうし、ある人が見れば「もっと柔軟になってほしい」「真面目過ぎて面白くない」となります。

 

だからもし短所しか思いつかない、短所が多いと思っている方も全然平気です。

 

ちょっと話がそれましたが、ではこの特徴をどうやって糖尿病治療に活かすかというお話に入ります。

これは前に記事にした「習慣化」にもつながりますが、人間あれもこれも一気にやろうとすると挫折する可能性が上がります。

だから何かひとつの事に集中して習慣化していくと良いという話ですが、それにならって何かひとつ変えたい事に当てはめます。

 

 

では、例を挙げてみましょう。

せっかちなBさんがいます。Bさんはせっかちなのでレジに並ぶのが苦痛で、エスカレーターも歩いてしまいます。

スマホをいじっている時もページの読み込み時間が待てなくて、何度も読み込みボタンを連打してしまうような人です。

そんなBさんが運動習慣をつけたいと思っているとします。

 

だけど、せっかちなのでジムに通うとマシンが空いていない時やシャワー室が混んでいる時にイライラしてしまいそうだし、スタジオプログラムまでの時間が待てそうにありません。

そんなBさんが運動習慣をつけるためにはどうしたらいいのでしょうか。

 

私が提案するのは「すぐできる運動」です。

せっかちという事は行動力や実行力があるともいえます。そしてすぐ初められる方がBさんには向いていますよね。

 

それなら家の中でもできる筋トレだったり階段昇降だったり、思いついた時にすぐできる気軽なウォーキングの方が実現可能なのです。

 

 

このように基本的な糖尿病治療を、アナタのやりやすい様に変化させてみて下さい。

 

真面目な方は毎日の食事を記録する事で結果が出るかもしれませんし、気分が変わりやすい方はインスリンや薬の入れ物を可愛い・カッコイイ物に変えるだけでモチベーションが上がるかもしれません。

 

これはそれぞれ違うと思うので何が正解というのはありません。

自分の事は自分が一番知っているからです。

  

 

まずはアナタの思う自分に合った方法をやってみて、合わないなら違う方法を試してみる。これでいいんです。

その方法で結果に繋がらなくてもアナタはちっとも悪くないし、その時間が無駄にはなりません。

「自分には合わなかった」と知る事ができたのですから。何度もそうしているうちに段々と自分の性格がわかってきて、やりやすい方法が少しずつ見つかるはずです。

日々の治療をアナタの性格に合わせていく事で、きっと今より楽に治療に取り組めますよ!

 

 

ちなみに私は飽きっぽいので同じ運動を継続する事が苦手です。「毎日歩く」とか本当にできません。

だけどはまったら凄いんです。エアロビにはまった時はとことんやりました。ウェアを揃えて毎週3~5日踊りっぱなしでした。

マラソンにはまっている時は専用のウォッチまで購入して、最終的にフルマラソンを完走するまでやりました。

 

だけど飽きたら両方とも全くしなくなりました(笑)

 

だからそんな自分の性格を考えて、今は運動メニューをいくつか用意しています。

ウォーキング、ラジオ体操、トイレついでにスクワット、タバタ式トレーニング、ロングブレス、脚痩せ体操、ハンドクラップダンス、立ち腹筋などなど・・

これをメモしておいて、どれかやるようにしています。

 

ただ、キツイ運動はつらいのでやりやすいラジオ体操とか、トイレついでにスクワットなどに偏ってしまいがちです。

・・・ん?偏っているんだったら意味ない?

 

 

いえいえいえ!

取り組むのを続けているだけ良しとしています(笑)。

そして、私も自分に合った方法を今でも模索中の日々なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です